私立大学歯学部編入ご検討の皆様へ

 私立大学歯学部編入の大学別傾向と対策
 私立大学の歯学部編入試験は、国立大学の歯学部編入と違って、学士編入ではなく一般編入として実施しているところが多いため、現在在籍している大学の卒業を待たずに、歯学部に編入学することが可能です。(他学部1 年次修了見込みで、受験資格がある歯学部もあります。)選考方法は、小論文、面接がほとんどの大学で必須ですが、これに加えて一部の大学で、英語、生物、化学、物理、数学を受験生に選択させて課す大学もあります。
 また、各科目についても出題のされ方は様々です。例えば英語は読解・内容把握中心の大学もあれば、文法問題が大半を占める大学もあり、各大学間での傾向の違いは、国立大学よりはるかに顕著であるといえます。
 しかも、これらの各大学毎の特徴は毎年少しずつ変化していっており、各大学ごとの特徴を踏まえた対策を行っていく必要があります。

私立大学歯学部編入学試験詳細はこちら↓
http://www.seiko-lab.com/whats/topics/shigakuT.html
 清光編入学院の優位性(私立大学歯学部編入対策講座の特徴)
 試験科目が各大学によって多様なため、受験校の決定を慎重に行い、それぞれの大学に特化した対策がより重要であることは言うまでもありません。清光編入学院ではこうした考え方に基づき、1 対1の個別授業で、受験校の選択、出願書類の指導、面接指導を含めて、受講生の皆様方一人一人に最適な授業計画を立てて、実際に大学で選抜に関わった経験のある教員等によるきめ細かい指導を行っています。
 私立大学歯学部編入小論文出題傾向
 私立歯学部編入の小論文は国立歯学部に比べると求められる論述の字数は少ないという傾向があります。内容としては抽象的テーマについて論じることを求める出題が中心になっています。こうした問題への対策も十分な時間をかけて積んでいかねばならないことは言うまでもありません。
歯学部編入対策についてのご相談は、
E-mail info@seiko-lab.com
清光編入学院/編入予備校(東京 大阪)教務課歯学部編入学入試担当者まで
お願い致します。
Tel 06−6948−6574 Fax 06−6948−6575