獣医学部編入小論文対策面接対策の講座について

獣医学部編入試験 小論文対策
国立大学・私立大学を問わず、獣医学部の編入学試験において小論文を課している大学は沢山あります。
小論文は与えられた資料をもとに、自分の考えを論理的に且つ現代の事情も交えながら書く必要があります。
また、与えられる資料も論文からの抜粋や英文、図表等様々な形式があり、これらを適切に解釈した上でテーマに即した論述に繋げねばなりません。


獣医学部編入試験小論文対策のポイント
(1)テーマに従って論述を作成する以前に、まず問題を認識するための枠組みを持つようにする。
(2)知識に頼るだけの論述ではなく、論理的な整合性の高さを追求するようにする。
(3)図表を含め、様々な形態の資料を解釈する練習を十分に行うようにする。
獣医学部編入試験  面接対策
獣医学部の編入学試験においても面接を試験科目に取り入れています。
面接はただ「面接官と話をする場」ではなく、獣医を目指す志望理由や学問的・職業的経歴との関わり、さらには将来の見通し等細部にわたって質問がなされます。
面接の対策にも十分な練習を積んでおくことが必要です。


獣医学部編入試験面接対策のポイント
(1)「これまでの経歴」、「獣医の志望理由」、「将来の見通し」、の3者の関係を無理なく説明できるようにする。
(2)表面的な説明に留まらない、具体性のある志望理由を受験大学に対し説明できるようにする。
(3)受動的な面接にならず、質問された事項への回答を通じて自己アピールできるようにする。
以上を獣医学部編入対策の主眼に据えて授業を行います。
試験情報
お問い合わせは
清光編入学院/編入予備校(東京大阪)
獣医学部対策講座係
TEL 06-6363-5541
E-mail info@seiko-lab.com
までお気軽にご相談下さい。