ご両親・保護者の皆様へ
編入試験の概要、メリットをわかりやすくお伝えします。
“編入学試験”は、一般入試と大きく異なります。ポイントは二点。
・編入学試験は、一般入試に比べて合格率が高くなります。
※一般入試の偏差値は関係ありません。

・編入学試験に合格すると、2 年次、3 年次、4 年次への入学となります。
※大学途中から別の大学、学部に移ることが可能です。

※学部学科によって異なります。
編入学試験自体は、随分前から実施されていますが、一般入試と比べて認知度は低いため、受験制度自体をご存知ない方が多くいらっしゃいます。そのため競争相手が限定されます。18 歳での合否でお子さんの一生が決まると思っていらっしゃるご両親が多くいらっしゃいます。少子化時代とはいえ、一般入試での難関校、難関学部の人気は依然高いままです。一般入試での結果に納得がいかない方、入学してみたものの、やはり別の学部に行きたかった方には、編入学試験受験をお勧めします。

(進学例)
● 薬学部、歯学部から医学部編入へ
●文系学部から歯学部、薬学部編入へ
●地元私立大学から有名国立大学へ

※偏差値に影響されませんので、編入試験に合った対策を実施さえすれば、大きくステップアップできるのが特徴です。

編入試験についてのご相談は、
清光編入学院(東京・大阪)編入予備校教務課まで
Email:info@seiko-lab.com
TEL 06-6363-5541