学院生随時募集
社会人・学生・一般
TOP 学院案内 講座概要 お問い合せ 清光教育総合研究所
東京サイエンティフック 大阪アカデミック

自主退学者支援対策

医学部自主退学者支援対策
歯学部自主退学者支援対策
医・歯学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 学生の方からの相談受付
医・歯学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 保護者の方からの相談受付
ご相談お問い合わせ
特別対策講座
東海医+獨協医特別対策講座
東海医+群馬医特別対策講座
歯科医師から医学部編入
海外留学帰国者講座
新潟大学歯学部編入対策
薬学進級対策講座
薬学部進級・補講講座
(株)清光教育総合研究所
スクール事業部 清光学院本部
〒530−0047
大阪府大阪市北区西天満3丁目4-5
西天満ワークビル1F
TEL(06)6363-5541(代)
FAX(06)6363-5542(代)
編入 大学 予備校 編入 大学 予備校

医学部歯学部自主退学(中途退学・放校・除籍)保護者の方からのご相談受付

清光編入学院再スタート支援相談室より
こちらのページでは、医学部、歯学部を自主退学(中途退学・放校・除籍)となった学生の保護者の皆様からの御子息様の今後の進路に関するご相談を受け付けております。
清光編入学院は、医学部、歯学部を退学された皆様の新しい進路への支援と対策のための受け入れ先予備校として、各大学の皆様からもご紹介を受けております。
医学部、歯学部を自主退学(中途退学・放校・除籍)となった学生の皆様への再スタートの支援機関(予備校)として、今まで多くの学生の方の再出発を支援させていただきました。
医学部、歯学部を御子息様が退学された場合、ご本人は言うまでもなく、ご家族の皆様のショックと御子息様の将来を案ずるご心痛・ご心労は、非常に深刻です。
医学部、歯学部を退学された場合でも、様々な進路の選択、進路設計、進路修正が可能でございます。保護者の方の面談も専門相談窓口にて受付けております。二次進路について、ご遠慮なくご相談下さい。


なお、電子メールや、受講のための面談時に、清光編入学院に今までいただきましたご質問と回答(Q&A)を紹介させていただきます。
医学部・歯学部退学後の進路の参考にお役立て下さい。


◆医・歯学部自主退学(中途退学・放校・除籍)の保護者の方からの主なご相談内容
【ご質問・ご相談】
1. 両親とも医師(歯科医師)で、息子には是非、医院(歯科医院)を継いで欲しいと願っていますが、在籍していた医学部(歯学部)を退学することになりました。他大学の医学部編入(歯学部編入)を受験することはできますか。
2. 息子が、医学部(歯学部)6年まで進級した後、医学部(歯学部)最後の試験で失敗しました。最近やっと精神的に立ち直り、今後の将来を考えるために、とりあえず大学卒業(学士取得)をさせて、将来に備えてほしいと考えております。どのような進路、再出発が可能でしょうか。
3. 子供が現在私立大学医学部の4年生に在籍していますが、5年生への進級を失敗して、今年で3年目になります。
現在、自主退学の勧告を受けているようです。親としては、何とか医学部を卒業して欲しいと思っています。
本人としては、医学部に在籍するにしても今の大学に留まる事は嫌な様子です。
このまま、医学部を自主退学、中退、放校となっても他大学の医学部に移って国家試験受験まで進む良い方法はあるでしょうか。
【清光編入学院よりの回答】
1. 医学部(歯学部)を中退、或は自主退学や除籍、放校の後、再度医学部(歯学部)への編入学は、各大学の募集要項によって異なりますが、現在の医学部(歯学部)に、2年以上に在籍され、所定の単位数を取得されておられる場合、医学部(歯学部)を自主退学や除籍、放校のご経験が有っても編入が可能な大学があります。また、国公立大学の理学部などを経由し、医学部(歯学部)編入を目指していただくことも可能です。清光編入学院までご遠慮なくご相談下さい。
2. 一般編入学試験を実施している大学の、ご希望の学部の3年次一般編入学が可能です。大学を卒業(学士取得)し、就職を目指す方もいらっしゃいますし、大学院で研究職として活躍される方、学士編入制度を利用して国公立大学の医学部歯学部編入を目指す方もいらっしゃいます。医学部(歯学部)を中退、或は自主退学や除籍、放校となった場合でも、様々な進路がございます。御子息様の再スタートを全力でサポートさせていただきます。
3. 医学部医学科を自主退学・中退・放校された方が再度医学部へ戻る方法はあります。
例えば、東海大学医学部の一般編入学試験を受験して2年次への編入は可能です。
また、他大学の理学部等(国公立大学が望ましい)に編入し卒業後、国立の大学院経由で医学部へ編入学する方法もあります。いずれにしても、医学部への再チャレンジは可能ですのでご安心頂ければと存じます。
◆医学部医学科自主退学(中途退学・放校・除籍)の方からの主なご相談内容
【ご質問・ご相談】
1. 事情で、医学部を自主退学して他大学の医学部医学科への編入を考えているが、可能でしょうか。
2. 現在私立医学部に在籍しているが、別の医学部への転向は出来るでしょうか。
3. 私立大学医学部内で、留年を繰り返し、自主退学するよう勧告を受けています。医学部から薬学部に行き、薬剤師の免許を取得することは可能でしょうか。
4. 私立大学医学部で、留年の末、現在5年生となります。単位を落とすと、放校となります。退学後は、どのような進路に進む事が可能でしょうか。
5. 医学部で進級したが、臨床の授業が始まると、自分は医師には向いていないのではないか、と疑問を抱くようになりました。医学部を退学した場合、どのような進路があるのでしょうか。
6. 医学部で留年した後、除籍となりました。勉強にあまり自信がありませんが、別の進路に進むためにどのような支援を行ってもらえるのでしょうか。
7. 医学部は退学となりましたが、医療系の仕事に就きたいという気持ちに変わりはありません。どのような手段が可能でしょうか。
【清光編入学院よりの回答】
1. 医学部を中退、或は自主退学や除籍の後、新たに他大学の医学部への編入は大学によっては可能です。(東海大学医学部一般編入・金沢医科大学一般編入・金沢医科大学AO入試等)受験のための対策講座も清光編入学院でございます。
2. 医学部から別の医学部への変更は、大学によっては可能でございます。
3. 医学部から薬学部編入への編入は、薬学部編入を実施している大学のほとんどで受験資格がありますので、受験が可能です。特に、徳島文理大学薬学部編入学では、平成24年から、医学部医学科に3年以上在籍されて、単位を93単位以上取得されている方は、薬学部4年次への編入を認めており、無駄なく薬学部へ移ることが可能です。
4. 国公立大学理学部などの一般編入試験を受験することが可能です。大学の傾向に合わせた対策を行えば、合格は可能です。清光編入学院では、医学部を自主退学された方に合わせて個別にカリキュラムを作成し、対策を行っております。今までも医学部を中退、或は自主退学や除籍、放校の後、国公立大学のご希望の大学の編入学試験を受験された場合、受講生のほとんどすべての方が合格されています。編入後、大学院に進まれ、その後、国公立大学ご出身という学歴を得て、医学部編入に挑戦も可能です。
5. 国公立大学理学部化学科等に一般編入し、大学院に進まれ、研究職として活躍されていらっしゃいます。
6. 清光編入学院では進級対策の講座もございますが、進級か退学か悩んでらっしゃる場合は、一度ご相談下さい。現在の心境や、ご家族のお気持ちも考慮に入れ、アドバイスさせていただきます。
7. 清光編入学院では、医学部を中退、或は自主退学や除籍、放校の後、新たな再スタートを切っていただくための対策講座を、個別で開講しております。現在の学力を確認テスト等で把握させていただき、充分な面談の上、どのような進路を選んでいただくのがよいか、また再スタートのための対策をどのようなカリキュラムで行うのかを教員チームで作成し、ご案内させていただいております。ご家族からのご相談も受け付けておりますので、ご遠慮なくご相談下さい。
8. 歯学部、薬学部、保健学科(放射線科、理学療法など)への編入が可能です。(医学科の在籍年数、単位取得状況によります)清光編入学院までご相談下さい。
◆歯学部歯学科自主退学(中途退学・放校・除籍)の方からの主なご相談内容
【ご質問・ご相談】
1. 歯学部へ入学し、現在歯学部3年生に在籍しています。人間関係のストレスが大きく、将来のことを考えると、退学をして働くことを考え始めました。ただ、大学は卒業し学士の資格は取っておきたいというのが本音です。
2. 歯学部3年生から歯学部4年生への進級に失敗して歯学部を自主退学する事に決めました。自分は、歯科医師には向いていないと思うので薬剤師等の別の道を考えています。歯学部中退でも薬学部への編入は可能でしょうか。
【清光編入学院よりの回答】
1. 清光編入学院では、歯学部を中退、或は自主退学や除籍、放校の後、新たな再スタートを切っていただくための対策講座を、個別で開講しております。現在の学力を確認テスト等で把握させていただき、充分な面談の上、歯学部の自主退学や除籍、放校の後、国公立大学等の大学の編入学試験を受験して頂いております。歯学部を自主退学や除籍、放校等のご経験をお持ちの受講生のほとんど全ての方がご希望の大学に合格され学士の資格をお取りになっておられますのでご安心下さい。
2. 私立薬学部の中には、歯学部を自主退学や除籍、放校の後であっても、医療関係特に歯学部に在籍されておられた方に対して、薬学部4年次からの編入を認めている大学もございます。その場合、薬学部4年次からの編入となりますので歯学部での3年間が無駄にならず、また所定の6年間で国家試験受験資格が得られますので無駄な年数が無くなります。歯学部の自主退学や除籍、放校の後であったとしても、歯学部で勉強された専門知識を薬学部で発揮して頂く絶好の機会だと存じます。自信を持ってチャレンジして下さい。
ご相談 問い合わせはこちら
医学部歯学部自主退学(中退)の方の再スタートのご相談は、
  清光編入学院(東京・大阪)医学部歯学部退学(中退)の方の
再スタート支援窓口までお願いします。

E-mail info@seiko-lab.com
Tel 06−6363−5541 Fax 06−6363−5542