学院生随時募集
社会人・学生・一般
TOP 学院案内 講座概要 お問い合せ 清光教育総合研究所
東京サイエンティフック 大阪アカデミック

自主退学者支援対策

医学部自主退学者支援対策
歯学部自主退学者支援対策
医・歯学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 学生の方からの相談受付
医・歯学部自主退学
 (中途退学・放校・除籍)
 保護者の方からの相談受付
ご相談お問い合わせ
特別対策講座
東海医+獨協医特別対策講座
東海医+群馬医特別対策講座
歯科医師から医学部編入
海外留学帰国者講座
新潟大学歯学部編入対策
薬学進級対策講座
薬学部進級・補講講座
(株)清光教育総合研究所
スクール事業部 清光学院本部
〒530−0047
大阪府大阪市北区西天満3丁目4-5
西天満ワークビル1F
TEL(06)6363-5541(代)
FAX(06)6363-5542(代)
編入 大学 予備校 編入 大学 予備校

医学部自主退学者支援対策

(講座名)
「進転知」 医学部自主退学および中退者の再出発支援を目的とするコース
(対象)
医学部自主退学者および医学部中途退学者(私立・公立・国立不問)
(講座概要)
受講生の多くは私立医学部自主退学者・中途退学者となっており、概ね医学部または医療系学部学科への再入学を希望されています。
そのため、高卒学歴から学士号取得を済ませ、その後医学部編入学試験合格を目指すカリキュラム設定となっております。
(コース生の進路設計&計画)
その1
自主退学または放校などの事由により中途退学された学生は、その時点においては事実上、学歴としては「高卒」扱いとなります。
それゆえ、当面の目標は「学士取得」となりますが、既に医学部で取得した単位を利用し、近い将来に再度医学部等へ進学することを視野に入れ可能な限り国公私立上位校へ「三年次編入学」させます。 これは学士取得を目的とした経由大学と位置付けております。
経由大学への進学で一番多い学科は順に、理学部生物学科・理学部化学科・獣医学科で、次いで医学部保健学科(理学療法・作業療法・放射線科・看護学科)・その他、薬学部や心理学等々となります。 
女子では、奈良女子大学やお茶の水女子大学に、共学では神戸大学や千葉大学・大阪市立大学・大阪府立大学・首都大学・早稲田大学・横浜国立・横浜市立・岡山大学・九州大学・名古屋大学・徳島大学・大阪大学・京都工芸繊維大学などが経由大学となるケースが多くなっております。
その2 
その後、経由大学に無事三年次入学した後は、「学士号取得見込み」の立場となります。その後の進路設計は大別して二つに分かれますが、およそ七割は「大学院」、三割は「医学部編入」となります。
その3
大学院の多くは、国立大学上位校が競争優位となるため、旧帝大レベルの大学院へ進学され、粛粛と医学部に向かって頂きたく支援しております。 医学部編入へは東海大学・藤田保健衛生(大卒者推薦)・金沢医科大をはじめとする私立大学群を目指す方が多くみられます。
(進学実績一例)
医学部放校 → 理学部へ三年次編入 → 医学部編入浪人 → 医学部編入
医学部自主退学 → 工学部へ三年次編入 → 大学院進学 → 医学部編入
医学部自主退学 → 理学部へ三年次編入 → 獣医学科編入
医学部自主退学 → 心理学科へ三年次編入 → 大学院進学 → 医学部編入
医学部自主退学 → 放射線学科へ三年次編入
医学部自主退学 → 理学部へ三年次編入 → 歯学部編入
医学部自主退学 → 私立歯学部
医学部自主退学 → 薬学部編入
(※徳島文理大学薬学部では、医学部医学科に3年以上(休学期間を除く)在学して、93単位以上修得した者に4年次編入への受験資格が与えられています)
医学部歯学部自主退学(中退)の方の再スタートのご相談は、
  清光編入学院(東京・大阪)医学部歯学部退学(中退)の方の
再スタート支援窓口までお願いします。

E-mail info@seiko-lab.com
Tel 06−6363−5541 Fax 06−6363−5542