特長:清光編入学院の受講生支援体制について
清光編入学院では、編入学、社会人入試、大学院入試という特殊な形態の試験に万全の体制で臨んでいただくために、科目指導の枠を超えて、様々なサポートを行っております。受験準備、出願資格の確認等や、大学ごとに異なる複雑な制度についても全てサポートしております。受講生の方は、勉学に集中して受験に臨んでいただくことができるように支援致しますので、ご安心下さい。

清光編入学院の受講生の方は、編入学制度の利点を充分ご理解いただいた上、ご希望の進路に進んでいただいております。また、一般入試の受験では合格できなかった場合でも、編入学制度を知り、清光編入学院で受講後、一般入試で受験した大学よりもより難易度の高い大学に編入学合格されることも多いのが特徴です。

初回の面談では、現在の学力、学習進捗状況、ご本人様とご家族の方のご意向、ご希望の学部、大学などを詳しくお伺いし、受験校の選別、必要科目のリストアップ、また、受験に必要な単位の取得状況の確認、大学への出願資格の照会を行います。現時点で出願資格のない大学については、清光編入学院より大学に個別に要望を出し、次年度の出願資格見直しの検討を依頼します。また、出願単位が足りない場合は、放送大学科目の案内、科目履修の案内なども行います。編入学・大学院受験のための準備の指導についても、清光編入学院で行いますので、ご安心下さい。(例年、受験資格がないと思って受験を諦めておられた場合でも、清光編入学院のサポートで受験資格を得る事ができ、合格されるケースが多くございます。進路は決めているけれども、どの大学を受けたらよいかわからない、受験可能な大学がわからない場合でも、初回面談後に全てお調べ致しますので、ご安心下さい。)

初回面談にてお伺いしたご希望、確認テストの講評を元に、教員検討会を行い、対策内容、方向性、必要項目を確認、検証し、受講生お一人お一人に合わせたカリキュラム、受講スケジュールを作成致します。作成したカリキュラム、スケジュールに従い、受講を開始していただきます。

毎月の担当者面談では、教員検討会で行った対策詳細項目ごとの評価(完了・要演習・課題)を説明し、一ヶ月の進捗状況の把握、今後必要な項目について確認していただきます。必要に応じて、追加課題調整、小テスト、授業以外での自習部分の進捗状況の管理を行っております。

長距離通学の受講生の方には、宿泊場所、寮(食事付き)、交通手段のご相談を承ります。

編入学・大学院入学試験では、面接試験も重要となります。面接、志望理由の指導については、合格レベルに達するまで、妥協なく徹底的に行います。

カリキュラムの進行状況により、スケジュールの前倒しや、受験校の追加、変更、私立志望から国立志望への転換の提案などを行います。

受験日程の管理、受験大学・研究室訪問のための資料作成の指導も行います。

進路について迷っていらっしゃる場合、どの進路を選択すべきか悩んでいらっしゃる場合は、各々の進路、必要な対策について詳しくご説明し、進路選択の一助となるべく、専門的なアドバイスを行います。

受講生の皆様には、粛々と目標達成に向けて、勉学に邁進していただけるよう清光編入学院独自の体制を整えております。ご遠慮なくご相談下さい。
SEIKO Academic Pavilion
清光編入学院/教務課 E-mail info@seiko-lab.com
または TEL(06)6948-6574 FAX(06)6948-6575
受付時間 10:00〜18:30(月・火曜日を除く)