医学部学士・一般編入学受験者のみなさまへ

医学部学士・一般編入学の制度とは、新しい医学・医療に対する高度な対応が迫られているなかで、これまでのように純粋に臨床医を育てる医学教育だけではなく、既に多方面にわたる視座をもった多様な人材を発掘し、臨床はもとより研究者としても充分に活躍できる人材を育成するための、オーディション入試であります。

生化学を中心とした基礎医学を学ぶためのベースとなるものを、ある程度習得しておくことで入学後もスムーズに医学教育課程に参加することができます。

文科相COEプログラムなどが事実上、後押しする形でここ数年、多くの大学がこの制度を導入しました。これからも医学部、医科大学が競ってこの画期的な入試制度の導入により、有能な人材を発掘する動きにあります。出題形式が一般入試とは全く異なるため、社会人、大学生の皆様には好機であります。

我々が、この制度を利用する受験生の皆様へのより助言者となることを願っております。

医学部学士・一般編入学講座 教授担当一同